Ruby on Rails チュートリアル 1日目(環境構築 > Hello World)

Ruby on Rails チュートリアル

どうも、男です。


Ruby on Rails チュートリアル 1日目です。
まずは環境構築からです。

環境構築

ローカル環境はすでに構築していましたが、 IDE(Cloud9)が推奨らしいので、これに従いました。

AWSアカウントの作成

まずAWSアカウントの作成が必要。
「Cloud9」で検索すると、AWSの登録ページが出てきます。
右上の「今すぐ無料でサインアップ」からアカウントを作成します。

※1年間は基本無料で使用できますが、クレジットカードの登録が必要になります。

Cloud9 環境の作成

AWSアカウントの作成が完了したら、Cloud9環境のを作成します。
ポータル画面のサービス名検索から「Cloud9」で検索です。

「Create environment」をクリックすると、作成画面に飛びます。

「Name」と「description」は適当に入力して、「Next step」をクリックします。
「Name」はサービス名になるので、わかりやすい名前にするのがおすすめ。

細かい設定が出てきますが、こだわりがなければ全てデフォルトのまま「Next step」をクリックで問題ないです。

確認画面。特にやることはないので「Create environment」をクリック。

作成中!!

構築完了!!

Rubyではインデントに2つのスペースを使うそうなので、設定していきます。
右上の歯車マークをクリックして、「Soft tabs」を2に設定します。
※ 保存アクションは要りません

続いてコマンドラインを操作していきます。

下のコンソールを使用します。

まずは以下のおまじない。
意味はわからなくてもいいそうです。

$ printf "install: --no-document \nupdate:  --no-document\n" >> ~/.gemrc

続いてRubyをインストールしていきます。

$ gem install rails -v 5.1.6

これで環境作成は一旦完了です。

続いてHello Worldを表示するアプリを作成しましょう!!

アプリの作成

環境作成が終わったので、さっそくアプリを作っていきましょう!!

railsではコンソールから簡単に作成できます。
アプリの作成は「rails <バージョン> new <アプリ名>」です。
ここではhello_appアプリを作成します。

$ cd ~/environment
$ rails _5.1.6_ new hello_app

作成が完了すると、アプリ名のフォルダが作成されます。
その配下にrailsに必要なフォルダとファイルが自動で作成されます。

続いてGemファイルを編集して、bundle installを実行します。
GemはRubyで書かれたプログラムをパッケージ化したものです。

以下をコピーして。

source 'https://rubygems.org'

gem 'rails',        '5.1.6'
gem 'puma',         '3.9.1'
gem 'sass-rails',   '5.0.6'
gem 'uglifier',     '3.2.0'
gem 'coffee-rails', '4.2.2'
gem 'jquery-rails', '4.3.1'
gem 'turbolinks',   '5.0.1'
gem 'jbuilder',     '2.6.4'

group :development, :test do
  gem 'sqlite3',      '1.3.13'
  gem 'byebug', '9.0.6', platform: :mri
end

group :development do
  gem 'web-console',           '3.5.1'
  gem 'listen',                '3.1.5'
  gem 'spring',                '2.0.2'
  gem 'spring-watcher-listen', '2.0.1'
end

# Windows環境ではtzinfo-dataというgemを含める必要があります
gem 'tzinfo-data', platforms: [:mingw, :mswin, :x64_mingw, :jruby]

Gemfileを開いて書き換えます。
保存を忘れずに。

hello_appフォルダへ移動して、bundle installを実行します。

$ cd hello_app/
$ bundle install

bundle install実行時のエラー

bundle install実行時にエラーが発生する事があるようです。

エラーメッセージにある通り、bundle updateを実行すると解消するようです。
私はよく読まずに、Gemfile.lockファイルを削除してbundle installを再実行してしまいました。。
それでもうまく動きました。

$ bundle update

railsサーバの起動

ここまでで、アプリの初期作成は完了しました。
railsサーバを起動してページにアクセスしてみましょう!
railsサーバは「rails server」で起動できます。

$ cd ~/environment/hello_app/
$ rails server

サーバを起動したら、ページにアクセスしてみましょう。
「Preview」から「Preview Running Application」をクリックします。

ブラウザが立ち上がるので、拡大マークをクリックします。

railsのデフォルト画面が表示されて、Webアプリにアクセスできます!

Hello Worldの表示

デフォルトページではつまらないので、お約束のHello Worldを表示させてみます。

app/controllers/application_controller.rb」を開きます。

hello アクションを追加します。
以下をコピーして貼り付けます。

#app/controllers/application_controller.rb

class ApplicationController < ActionController::Base
  protect_from_forgery with: :exception

  def hello
    render html: "hello, world!"
  end
end

続けてルーティング設定を行います。

config/routes.rb」を開きます。

ルーティングを設定します。

root ‘application#hello’
Webのルートへアクセスした際に、 事前に作成した「application」コントローラーの「hello」アクションを実行するようにします。

#config/routes.rb

Rails.application.routes.draw do
  root 'application#hello'
end

サイドWebを開くと、Hello Worldが表示されます!
CSSを設定していないので、文字が小さいですね。。

以上で環境構築からHello Worldの表示までが完了です!!

まとめ

  • Ruby on Railsチュートリアルには、Cloud9の統合開発環境を作成して使用する
  • アプリの作成は 「rails <バージョン> new <アプリ名>」
  • Gemの使い方:Gemファイルを編集→「bundle install」を実行
  • bundle installのエラーには「bundle update」で対応
  • サーバの起動は「rails server」

以上。

コメント